読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Johnny's Soundクリエにいってきたよ!@感想

LiveHouseジャニーズ銀座Johnny's Sound@シアタークリエ
石垣大祐/後藤泰観/MAD(松本幸大/池田優)/京本大我/増田良/諸星翔希/小川優/岸孝良/小林瑞生/石田直也

レポ書きたかったんだけど、もう時間が経つにつれ記憶が薄れていくので、れぽじゃなくて感想をとりあえずしたためようかと思います。

いってきたよ瑞生くんメインのクリエエエェェヽ(゚(∀)゚)ノェェエエエ
発表された瞬間の「め の まえ が まっくら に なった !」感は異常でしたが…
そんでもって事前に発表はなかったけど、歌舞伎を前日に終わらせたばかりのMADも!
これに関しては事前発表がなくて噂でサウンド出るの?と知ったMAD担があまりにも可哀想だとか色々思うこともあったんですが、私は該当担ではないのであまり多くを語らないことにします。

クリエは二年目で前回はトラジュクリエにいったんですけど、なんというかユニットのクリエじゃないので変に拗らせることもなく「たのしいいいいい」と純粋に楽しめたクリエでした!
セトリも演出も本当に面白かった!他のと比べられないけど、いい感じに気の抜けたクリエでした。


最初すごく盛り上がらなくてwマジかよって思いつつ、ダンスって動きでキャーってなれるんだけど、演奏してるところってそんなに派手じゃないのでキャーってならないんですよね。だから仕方ないのかなーと思った。
思ったんだけどでも、ちょうどいい感じにほぐれてきたのはMADが呼び込まれたWeeeeekだったのかなーと。
お立ち台使う曲ってこともあり、客席のエンジンがかかっていく感じ。ボルテージがあがっていく感じ。
それが心地よくて、気付いたら段々汗かいてましたw

今回のクリエで「最高だな!」と思ったのはヒロミこと後藤泰観
トニワでの健人との絡み(というかボケに対するいなし方)がすごく好きで、テンションはそんなに高くないのに、的確にツボを抑えた返しをしていくところとか、ほんといつもバイオリン弾いてるのもったいないなーと思っていたんです。
そしたら歌声がとても素敵で。
なんにたとえたらいいんだろうってずっと考えてたんですけど答えがでなかった。
ヒロミが歌うとそこがもうライブハウスになるんです。コンサートじゃなかった。狭いライブハウスで歌い上げるシンガーみたいだった。
あのクセのあるしゃがれた、ちょっとキーが高いそれがすごく、精一杯のびるビブラートが心地よくて、もーずっと聞いていたいと思いました。
無理やりたとえるならちょっと声が高いフジくん(バンプの)かな…
特にスワンソングが、ピアノの旋律と合わせてすごい切ない響きで、あれはちょっと、今年一のパフォーマンスだったなと。
あと、まあさすがというか落ち着いていて、緊張していたみずきくんの方を向いてタイミングを合わせようとしてくれたりしていて、本当に頼りがいのあるおにいちゃんだったよヒロミィイイイイイありがとうヒロミィイイイイイイ
あとしぐさがいちいち気まぐれな猫みたいでとてもかわいかったです。すねてつま先をトントン!と叩いて抗議するところとか特に。w
かと思えばアンコールでみんなでSHAKEを踊った後、「久しぶりにジャニーズJrやったー♪」とはしゃいでステージを縦横無尽に駆け巡り、ぐるぐる回り、あげくの果てに増田さまに「後藤くん落ち着いてください!」と怒られるヒロミがとってもとってもとーーーーーーーーってもかわいかった。本当にかわいかった。w

そして気付けば目線を奪われていた松本幸大くん。
現場でしっかり見るのが本当に久しぶりで、大人になったこたくんは私の記憶の中にいる人と別人だったわけですが、
思ったのは本当にセクシーだってこと。
ここ最近ずーーーっと少年に熱をあげていたので、成熟した大人の男を見るのが久しぶりだったんですけど、こたくんはすごく、さわやかで美しい男性でした。もちろん成長途中の危うさを孕んだ少年も美しいけれど、こたくんの色気って直線的な、わかりやすいものではなくて、その汗やしぐさや目線から、色んな経験やバックグラウンドを感じるというか、酸いも甘いも噛み分けた男性のものを感じてたまらない!と思ってました。
PZなどで見る印象はウィンクを決めてみたり、うさぎさんみたいなピースをしてる、ぶりっこな人という感じだったんですけど、ひとつひとつ、目を眇めて自分のうちわを探してファンサするこたくんはとっても男性の顔をして腰が…崩れるかと…
火を放て!というたびに、クリエの客席でいろんなオタクのハートに火を放っていて、本当に罪な人だなと思いました(ハート大炎上中)

小林瑞生くんに関しては、本当に「かわいい!」とか言葉が出なくて、前もツイッターかなんかでいったけど、最大風速で根こそぎもってかれて、細かいしぐさとか全然覚えてないんです…が、この二日間、果たしてみずきくんは楽しめていたかなーと心配です。楽しむ前に緊張がたってしまっていて、正直よくわからないまま終わっちゃったんじゃないかなあと…
その分、MCでもうちょっと前にでてきなよと促してくれた大我さん(ほっといたらニコニコしてるだけのみずきくんに「みずきぃいいいいい」と叫んで抱きつくというキャラまで作ってくれて本当にありがとう;;;;)や、話を振ってくれたり、向き合って演奏してくれたヒロミなど、普段関わりがあまりないけどたくさんの人に助けてもらっていたなーと思います。
本当にどこの立ち位置だよ!オカンか!って感じでごめんだけどオカンでいいよぉおおおおおおみずきくんかわいかったぁあああああ

まあどんな感じだったのかというと、ユニットじゃない、結びつきの薄さが逆に強みになった公演だったなーと思いました。
ところどころぶっこまれる茶番コントが、どこまで偶然なのか作られたものなのか初日はわからなかったけれど、二日目に「これ全部作られてたのか!」と合点がいきました。そう錯覚させるほどみんな茶番に対して芸達者すぎてw
お互いがお互いにそこまで詳しくないというか、みんながいつも通り振舞おうとすればするほど崩れる歯車が新しい化学反応起こしていて面白くてたまらなかった!w
とくに翔希は結構力技(顔と声と動き)で笑いをとるタイプだと思うんですけど、細かい言い回しで笑いをとるヒロミと相性が悪くて!w
こいつおもしろくねーなとかそんな感じじゃなくて、逆に淡々としょうきにツッコミいれるヒロミが面白かったり、あっさり流されて「なんでですかー!」ってひな壇芸人みたいな反応するしょうきブレないなとかw
こんなところにぶっこまれて、MAD気まずくないのかなーと思ったら出演者の三分の一は歌舞伎出てたのもあって出るわ出るわ歌舞伎ネタw
この公演を見て、空気って読むもんじゃなくて作るのがアイドルだよなーと思いました。発表されてないのも含めて、MADはアウェイかなーと思ったけど、歌舞伎ネタでガンガン笑いをとって、やすやすとクリエを制圧する姿、本当にかっこよかった!w

クリエならではの「ここでしか見れない」もこれでもかと入れてくれていましたね。
例えばアンコールで満を持して踊る石垣さんとか、ピアノで弾き語った挙句しょーきと池ぴを従えてガシガシ踊る(しかもアクロまでやっちゃう)ヒロミとか、ふたりにそこまで詳しくなくても「これがすごい貴重なものだ!」とわかるのでいいもんみたわぁ感とか。

あとどこにいてもカビラネタで突き通せる増田様つよいwあの人が一番飄々としてるんじゃないかしらん、と思った次第です。

小川くんと岸くんが少し残念だなーと思いましたが、二日目に紹介された岸くんがとってもしれっとしていて、ああこの人「こうなっちゃってる」んじゃなくて「そもそもこう」なんだなーと思いました。



もうねー完全にカラオケ大会だったんだけど、本人たちも楽しそうだし私たちも楽しいし、選曲もにくいとこついてくるし、全体的に昭和ジャニヲタ大勝利!みたいなクリエだったけど、本当に本当にたのしかったです!

レポはやっぱり頑張ってあげるw忘れないうちに!



セットリスト

・Smooth criminal(instrumental)

・Keep the faith
・宙船
・weeeek
・LIFE~目の前の向こうへ~
・SAMURAI
・BUTTERFLY
・ミッドナイトシャッフル
・喜びの歌

・雪白の月
・code(京本ソロ)
まだ涙にならない悲しみが(MADのみ)

・ズッコケ男道
・Secret code
・言葉より大切なもの

・MC

愛のかたまり(7日)/もう君以外愛せない(8日)(諸京)
・夜空のムコウ(増田ソロ)
・絆~care(ガキヒロ)

MADコーナー
・Pride♂ the END
・Shelter(池田ソロ)
・Road of Glory(幸大ソロ)
・Brethless

・一人ぼっちの歯ブラシ(諸星ソロ)
・Tears(京本ソロ)
スワンソング~Diamond(後藤ソロ)

・SHE SAID…
・Hapiness

・Precious One

En)
・SHAKE
・AMBITIOUS JAPAN!

W.EN)(8日のみ)
サクラ咲ケ