読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

初海外ベルギー旅〜三日目・ブルージュ編〜

7/16 三日目!

この日はブルージュに行ってブルージュに一泊することになってました。
ホテルの朝ごはん(4泊するのに2回しか食べられなかった)を食べてまったり準備。
朝ごはんは地下一階で。ルームナンバーを聞かれるだけです。パンやくだものやヨーグルトのほかに、パニーニやワッフルなどがあり、あったかいものだとスクランブルエッグ、ベーコン、ウィンナー、ゆで卵などがありました。

前日の食事がクロワッサンとアフタヌーンティーだけというありさまだったので、そこでせっせと朝ごはんを食べ…
8時半頃出発!
ブルージュには一泊してまた同じホテルに戻ってくるので、母と私の荷物で必要なものを一つのキャリーに詰め、一個はホテルに預けることに。預けて良い?と聞くと、もちろん!といって引換券をくれました。

ブリュッセル中央駅からブルージュ駅までは大体電車で1時間ちょい。
なんですが、都市間特急のICではなくIRに乗ってしまったのでたぶん90分くらいかかったような…
中央駅で切符を買ったとき、カードが通らず、諦めて窓口で買ったんですが、そのときにブルージュ行きはどのホーム?と聞いてしまったがばっかりにwICでなくIRになってしまった…
改札がないので検札がくるのですが、ベルギー国鉄の車掌さんが優しくて、チケットを見るなり「ネクスト、ネクストステーション!」と。
次?次の次?と思っていると「ストップ、ツーステーション!」と簡単な英語で教えてくれました…!
※ちなみに結局3つ目の駅だったのはご愛嬌である

駅に着くと新しく乗ってきた乗客の切符を見に来るため通り過ぎるのですが、その度に「ネクスト!」と教えてくれて優しかった~。
※なお結局みっつめのry

10時ごろにブルージュ駅に到着。駅から町の中心地からは普通は歩くのですが(歩くと愛の湖公園とかベギン会修道院とか見れるしね)ヨーロッパの石畳をキャリー持って移動は無理だよねということで、タクシーで向かうことに。
ホテルのバウチャーを見せて乗り込み、大体6ユーロくらいだなと思ったけど(そしてメーターも6ユーロだったけど)、10ユーロといわれましたwまあいいやと10ユーロ+チップ(キャリー重かったしね)を渡し、この日の宿であるホテルチュイルリーエンへ!
外観ないんだけどお部屋の内装はこんな感じ。ピンクで可愛い!屋根裏部屋みたいな部屋!

外観はシックだけど中はすごいロマンチックなホテル。四つ星なんだけどそこからまたプラスアルファお金を払ってアップグレードしてもらったホテルです。
何しろ内装可愛いし広いし綺麗だしで超お気に入り。女友達同士かハネムーンにいいかもなあ。

チェックインより早くいったものの、サクッとキャリーを預かってくれ、
ブルージュは初めてです?」
「マルクト広場の行き方わかります?」
など教えてくれて地図くれたり。優しい英語でゆーっくり話してくれたので何を言っているかも大体わかりました。
たぶん部屋をツインにするとあの屋根裏部屋になるっぽいw
ツインとダブルの説明が、両手をくっつけて「ダブル」その手を放して「ツイン」ベッド。と言ってくれて、ツイン!ツイン!と連呼しましたw
「check in two o'clock」と言っていたのでとりあえず2時になるまで街歩きしようかなーとホテルを出ると、ホテルの目の前が運河。ブルージュは「北のヴェネツィア」「屋根のない美術館」と呼ばれる水の都。早速運河クルーズしたい!と母が言うので、クルーズに乗り込み。大体8ユーロくらいでした。
~ここからスーパークルーズのときに撮った写真タイム~


天気がイマイチだけどきもちよかったー(ちなみにこの後死ぬほど晴れた)

30分くらい乗っていたのかな。ぐるーっと一周してなんとなく街の大きさや位置関係はつかめたので、ボートを降りて街の中心地であるマルクト広場へ。
鐘楼はあがるか悩んだのですが、母親いるし一人で待たせるのもアレだしと諦め。
鐘楼は何度かキンコンカンコンと可愛い音を鳴らしてました。

鐘楼はこんな感じ。

ベルギーで一番古いらしい市庁舎。

マルクト広場には馬がいて、馬車だー!と言っていたら母親が「乗りたい!」とwww
50ユーロもすんだよ?!ってなったものの、まあここまでお金も全然使ってないし…ということで乗りました!馬!www


馬車には女性が乗ってて、英語で街の説明をしてくれたんだけどこれは全然聞き取れなかったwww
馬の名前はモビーというらしいです。おとなしくて可愛かった…
一度愛の湖公園のところで5分休憩したとき、えさを食べてるところをちょっと触ったり。

馬用の水のみ場がありました。
これでも街中をぐるーっと一周してくれて、ここはいかないだろーって道にガンガン入っていくしちょうどいいスピードなので全然退屈しませんでした!
50ユーロ、一人なのか二人でなのかわからずドキドキしてたけど2人で50ユーロだったw

またマルクト広場にきてモビーとお姉さんとバイバイ!チップに3ユーロくらい渡しました。
その後は聖母教会とか聖血礼拝堂とかメムリンク美術館とかに立ち寄り、お昼ごはん!
魚が美味しいらしい、ブレイデル デ コーニンクというレストランに入りました。

ここでは名物らしい、海の幸を!
前菜にトマトの小エビ詰めと、母親はバケツいっぱいのムール貝の白ワイン蒸し。わたしは舌平目のムニエルを食べました!どっさりのポテト付きw
ビールを飲みながら食べたんだけど量たっぷりで美味しかったー。まだ胃の調子が良くなかったのでムニエルは一匹しかたべなかったけど芋はたんまり食べましたw
食事の写真がないので食前のビールを…

ここはなんと日本語メニューがありました!しっかりした日本語でわかりやすかったー。
英語メニューでもなんとか読み取れたけど、細かいビールはわからないので助かったな(けど結局クリークしか飲まないw)

2時間くらい?ゆっくりランチしてホテルへ!
案内してくれたお兄さんにチップ渡そうとしたら「いらないよ!」と言われてなんだろと思ってたらドアノブが壊れてたwww母は文句たらたらだったけど私はあまり気にならず。頑張れば鍵かけられるしw
案内してくれたお兄さんが「ヨーロッパ周遊してるの?」と聞いてきたので「ベルギーだけやで」と答えると「そマ?物好きだねw」みたいな反応してて草
隣のバーでウェルカムシャンパンあるよって引換券もらったけど飲む機会なかったw

このホテルはバスタブもアメニティも(しかしシャンプーあるけどトリートメントはないw)スリッパも、ワイングラスとお水も用意されててわーい!ベッドもふかふかだしで一旦ベッドで休憩(そして寝オチする母)
街のはずれに風車があると知り、そこまで歩くことに。
気持ちの良い街なのでとにかく散歩がしたかったw

母を起こして16時くらいに散歩スタート。
こっちは22時くらいまで明るいので全然真昼間みたいで、暑かったー!www
鐘楼の裏庭にちょっと寄って。

マルクト広場を抜けてブルク広場へ。


この小さな道綺麗だったー!
ここ抜けると魚市場とかがあって魚介料理のお店が増えます。
その後は地元の人が住んでる居住区をひたすらまっすぐ。
花とか植えてあって綺麗だったなー。

そしてたぶん30分くらい歩いたのかな?風車へ到着!
聖ヤンハイス風車です。

この先海だったのか川だったのかわかんないけど結構大きめのがあって風が気持ちよかった(*^o^*)
帰りは道を変えて一眼レフを首に下げてバシャバシャ撮りまくりました。

ちなみにブルージュではモバイWiFiいらず。arucoというガイドブックを持ってきたのですが、取外せる地図があればどこでもいけるな?ってくらい迷わず行けました。
というのも、ヨーロッパの街ってどこも通りの名前があって、それがちゃんと書いてあるので、今何通りにいるんだなっていうのがわかるから、人に聞くこともなく歩くことができました( ´ ▽ ` )ノ

一度ホテルに戻ってまったり。
ブルージュに泊まったのは、夜景が綺麗と聞いたから!なので夜景が出るのを待ってたんだけどやっぱりヨーロッパは日没が遅く…この日も20,000歩以上歩いてたので疲れてたんだけど、お腹が空いたのでひとりでマルクト広場まで買い物へ!
屋台のようなところで牛肉のビール煮込みを買いました!たぶんこれとスプライトで1000円くらい。

すごいボリュームで当然ながら食べきれなかったんだけど、トヨタが大好きという屋台のお兄ちゃんと話しながら揚げたてポテトを食べて美味しかったー!!!!!
この旅でたぶん一番美味しかったのこれなんだけど、自分の貧乏舌が嫌になるw

帰ったら風呂に入った母親が寝てたので私も風呂に入って日没まで仮眠(ちなみにこの時点でもう21時過ぎ)
22時半にアラームをかけて夜景を撮りに行きました!
つってもマルクト広場まで行く勇気はなく、ホテル周りだけ。十分綺麗だった( ´ ▽ ` )ノ

そのあと即寝落ちしましたw
三日目終わりー!