読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

推しの呼び方でおたくのスタンスを測る話

アウトプットの時間がとれなさすぎてウガーとなっております。 ウガガー! 毎週更新したいなあと思ってたけど早くも小関くんネタがなくなりました。早い。 なので今週の週刊小関くんはお休みです。 リアルが割りと忙しい気がしている。インプットもできないアウ…

2015 現場まとめと雑感

今年はたくさん現場にいったぞ~~~! 【2015年現場まとめ】 1/4 2015新春Johnnys' world昼公演@帝国劇場 1/12 2015新春Johnnys' world夜公演@帝国劇場 1/15 2015新春Johnnys' world夜公演@帝国劇場 1/17 2015新春Johnnys' world昼公演@帝国劇場 1/19 …

君はなにを思うのか【昨今の男子バレー界隈の愚痴】

バレーボール楽しい!ってなってからはや2ヶ月近く経ちました。 毎日新しい知識を吸収してて楽しく過ごしております…。 めっちゃくちゃ楽しいのですが、その分考えることやうんざりすることも多く…そうですこのエントリは愚痴です…長い愚痴なのですがお付き…

さみしい深淵を覗く/7/30者覇公演のやすいくんのはなし

書こうかな、どうしようかなと悶々としていたのだけれど、やっぱりまだ飲みこめずに胃に残ってる感じが気持ち悪くて。この夏のわたしは「観察者」だったように思います。 メモと双眼鏡を構えて、思ったことがあったらペンを走らせてました。 結果、なにかわ…

水琴窟/やすいくんお誕生日おめでとうポエム的なもの

・やすいくんおめでとうという気持ちのポエム ・おたくの変なフィルターがかかってます - 少年はひとりだった。 思えばはじまりから、ほかとは違っていたのだ。 皆が通るはずの試験がなかった。同期という存在がいなかった。入ったばかりの皆は、揃って子供…

君になりたい

パンケーキにナイフをいれながら、「あーそれこないだも聞いた」と思った。 いつ聞いたんだっけ。肉をひっくり返してるときだったっけ。口に広がったバターのしょっぱさで思い出す。 そうだ、マンゴー白玉ココナッツっていうてんこもりのデザートをつついて…

手の届かない夜空へと

やすいくんのことを考えているとき、わたしはやすいくんのことを「文学なのだ」と思います。 ひらくと閉じる、って、なんのことだか知っていますか? 文章を書くときに、漢字を使わずにひらがなを使うことを、漢字を「ひらく」といいます。 大学でわたしは文…

神様にあいされた男の子/はぎちゃんのはなし。

今までは、萩ちゃんをしっかり見る機会がそんなになかった。安井くんのシンメの位置にいるとどうしても。 だけど今回、クリエで客席に降りてきた萩ちゃんを、お立ち台に立つ萩ちゃんを、近くで見たら、もうものすごかった。 太陽みたい。ぴっかぴか輝いて、…

花に嵐の喩えもあるぞ

寺西拓人という存在を知ったのはいつだったか。 瑞生くんのシンメ、タイトなパンツを履いてる、エロい顔のお兄さん(年下なんだけど)。 瑞生くんを知って好きになったのはJJLで、踊る瑞生くんを見るまで少しタイムラグがあった。 踊るその向かい側に、いつ…

眼光、鋭くなって(パート2)

誰がどこについて、幕開いたらいたよいないよって一喜一憂するのは本当ジャニヲタの性なんだと思うんだけれども、今回のTheyクリエほど「私得!」っていうバックは無かったんじゃないかなって思って。あ、またもやですけど、They武道クリエの話です。 (そし…

途方もない旅の途中(パート1)

途方もねえなー、というのが、初日終わっての感想でした。 あ、They武道クリエの話です。 (そしてこれはThey武道クリエについて思ったことを、3つの切り口で書いてみようとおもったうちの最初のひとつです) They武道クリエに行くのは去年に次いで二回目で…

なまえをつけてやる

「名前をつける」という行為は、親から子供への最初のプレゼントだと言います。 わたしは昔から、名前をつける、名前をよぶということに何とも言えない感情を持っていました。名前を呼ぶという行為は、とんでもなく尊く、その呼び方ひとつで、対象への感情が…

思ったより落ち込んでいる

思ってたより落ち込んでいるのは、AKBの握手会の件だ。 普段AKBの曲は聴かないし、メンバーをたぶんアイドルファンじゃない人と同じくらいしか知らない。 握手会に行きたいと思ったこともないようなジャニヲタのわたしでも、 「アイドルが握手会で暴漢に切り…

トニトニのストーリーで思ったこと・疑問

なんか前回のブログをあげたら、ストーリーについての反応があったのでちょっとしっかり書いておきたくなった。 JWとトニワの違いを考えてて思ったのは、「じいちゃん死ぬの怖くなくなったのかな」でした。 そう思ったきっかけは何個かあって順にあげていく…